お知らせ

お知らせ

田中 清(あけぼの福祉会/大阪府摂津市)監事

今頃マスクかよ!

 

 

 

モリ・カケ・サクラでは、期待以上の効き目がありました。

 

さて、コロナではどうだろう・・・?

 

でも、ボクのまわりにいるお友だちは、ほとんどつけてないのは何でだろう?

 

それにしても、マサコちゃん(法相)にはちゃんとつけておいてほしかったな。

 

まさこあんなこと言うなんて、、、。ボクが注意しないといけなくなったじゃないか。

 

それに、今国会では法改正ができなくなっちゃったし、あ~あ。

 

自宅にて、コーヒーカップを手に愛犬と戯れながら考えたこと。

 

―シンゾウー

 

 

 

このマスクの発注・発送等に要した費用は、約470億円とか。

 

一都道府県あたりだと10億円!

 

私なら地域のニーズに即した有効な使い道を考えるのに!!

 

—○△府知事 □村—

 

 

 

私の自宅にはまだ届いていませんが、なぜだか事業所に1袋(2枚入)届きました。

 

大勢いるのにたった2枚をどうやって使えと???

 

みなさま、このマスクのご使用は、自粛されるのがよろしいかと。

 

きっとやってくるだろう第2波、第3波に備え、みなさまどうぞご自愛ください。

 

—きよし—

 

近藤淳(ガーデニング/東京都豊島区)

福岡の村上さんの「理事からのメッセージ」。。。「パロマか、コロナか、リンナイか、、、」がやけに目立ちましたが、あの文中での「もしも、作業所のメンバーは自宅謹慎で、スタッフだけが『ネット』で仕事をしている状況なら修正したいものです」にひっかかり投稿します。

 

自分が住む東京は「在宅支援」に切り替えているB型が数多くあります。普段あまり通所していないメンバーへも電話を掛ければ請求ができるので、ここぞとばかりに電話する事業所があるとも聞き、複雑な気持ちにもなりますが、こんな緊急時だからこそメンバーと事業所をつなぐ大切なツールになっているのも事実です。

 

そんな中、うちのB型も「在宅支援」をやることになりました。パンやお菓子の製造販売をしているB型がどんな感じでやるのかと思っていたら、結構おもしろいプログラムを提供していました。職員がメンバー一人ひとりにパンのトッピングなどで作る具材を自宅で作ってもらい、それをそのまま夕食のおかずにしてもらったり、クッキーを自宅で試作してもらい家族に食べてもらって感想をもらうとか、、、全員ではないですが、やったことが家で役に立ったり、家族に喜んでもらえるようなことを考えて提供していました。

 

で、それをメンバーが写メで撮って事業所に送ってくれます。これがすごくいいんです!!料理本のレシピみたいな人もいて、段階的に写真が送られてきて、最後は夕食で食べる一品になって終了!とか、メンバーの家のキッチンが垣間見れたりもしますし、時にはあんまり食べたくないような一品も送られてきますが、「在宅支援」もやりようによってはこんなに面白くなるんだ!!と、感心しながらB型に送られてくるメンバーの写メをひっそり楽しんでいます。

 

正直、職員は「もう、限界!ネタがない!!」などとぼやき、やり慣れていない「在宅支援」で大変そうですが、自分はそんなことを横目にけっこう楽しませてもらっています。メンバーと職員に感謝です!

 

もともとうちのB型職員は、報酬というよりは「何かやってないと、調子崩しちゃうからやること探そう!うちの作業の延長でできること!」という想いから、在宅支援につながったようです。

 

村上さんの言う「オンライン」とまでは行きませんが、メンバーの写メで楽しんでいる今日この頃です。

 

全国大会中止のお知らせ

2020年7月3〜4日に予定しておりました「第24回 あみ全国大会 in 福島」は、

新型コロナウィルス感染拡大の影響により中止することとなりました。

ご参加を予定されていた皆様へはご迷惑をお掛けし申し訳ございません。

1日も早いウイルスの終息を願って止みません。

どうか、みなさまも十分にお気をつけください。

全国大会は2021年夏の実施を予定しております。

また来年、元気な姿でお会いしましょう。

 

吉村純広(地域生活支援センタートライアングル/山口県岩国市)

全国各地で奮闘しているあなたへ

 

コロナウイルス感染の世界的流行により、我々の日常生活は一変しました。

 

マスクを着用し、他者との距離を保ち、不要不急の外出は控え、自宅で過ごす事が強く推奨されています。マスクによって相手の表情は見えず、距離を保たなければならないため会話も自然と減っていく。我々は、これらの「非日常」を「日常」にしていく努力が求められています。

 

当法人では、就労継続支援B型事業所において、三密を避けるため、利用者に午前利用・午後利用の方と時間を分けて、半日利用としています。地域活動支援センターにおいても、三密を避けるため、自宅で過ごせる方については利用を控えてもらうお願いをしています。

 

利用者・職員、敷地の異なる部署間の交流を控えています。万が一、感染者・濃厚接触者が出た時に、法人全部署が閉所せざるを得ない状況を避けるためです。今までとは大きく異なる利用方法を選択せざるを得ない状況で、私自身戸惑うばかりの毎日です。

 

福祉の歴史を紐解くと、精神障害を負う方々は、一般社会からはじかれ、居場所の確保すら困難な状況でした。そういった状況の中で、無認可作業所をはじめ、全国各地の有志達が「どうすれば精神障害を負う方々が地域や社会の中で安心して生活できるか」という事を念頭に、今日まで社会変革を求め歩んできました。

 

しかし、コロナウイルス感染により、人と交わる事、いわば社会に出ていく事を避けて行かねばならない状況で、私自身今後一体何を目指すべきなのか見失いかけていました。

 

困った時には原点に立ち返る事が必要かと思い、「福祉とは何か」という、福祉の存在意義を考えてみました。辞書を引いてみると、『福祉(Welfare)は、広くは福利、幸福を表す言葉。危急からの救い、生命の繁栄を意味する。』とあります。人間としての幸福は、健全な生命の維持ができて、初めて成り立つのではないでしょうか。福祉の究極の目的は、「その人の命を守る事」だと思います。

 

そういった見方で考えていくと、障害を負う方々が、自分自身や自分の大切な人達の命を守る行動が取れるように、全力で応援していく事こそが今我々支援者に求められている事なのだと感じるようになりました。

 

感染拡大地域等においては、閉所を余儀なくされている事業所も数多くあると思います。

 

支援者自身の生活も脅かされている中で、電話での体調確認等、利用者と接触しない可能な限りの支援を行っている事と思います。

 

なんとか開所できている事業所においても、三密を避けるため、人との距離を取るように、とネガティブな助言をせざるをえない現状だと思います。

 

支援者として自分達が今行っている事は、本当に正しい事なのか、日々自問自答している支援者の数多くいると思います。

 

しかし、それらの行動は全て「目の前の大切な利用者の命を守る行動」で一貫しています。

 

今は命を守るための支援に全力を注ぐ時だと思います。いつかこの辛い日々も終わる事が来ると信じて、それぞれの場所で踏ん張り、この局面を乗り越えていきましょう!

 

コロナウイルス感染の世界的流行が終息した後で、全国大会で皆さんにお会いできる日を楽しみしています。