「あみ2022年度第3回オンライン研修会のお知らせ」

「あみ2022年度第3回オンライン研修会のお知らせ」

「あみ2022年度第3回オンライン研修会のお知らせ」

日頃よりお世話になっております。
この度、2022年度 第3回オンライン研修会を開催します。
ami 2022年度 第3回研修テーマ:「本当の福祉とは」
開催趣旨:国連対日審査の勧告内容と自分達の支援活動を考え、本来あるべき福祉について考察する。
開催日:2023年2月18日(土) 13:30~16:30
会場:オンライン研修
対象:精神障害者支援活動団体職員、精神障害当事者、家族、学生など
研修スケジュール(予定)
13:30~13:50 開会挨拶・あみ活動報告
13:50~14:40   行政報告(厚生労働省)
14:40~14:50 休憩
14:50~15:50 講演「本当の福祉とは」
                               講師:古都 賢一氏(全国社会福祉協議会 副会長)
15:50~16:20 質疑応答
16:20~16:30 閉会
※Peatixにて必要事項をご入力の上お申し込みください。
Peatix 申込サイト
チラシのQRコードからもお申込できます)
申込締切:2023年2月13日(月)
2022年8月22・23日に国連の障害者権利委員会にて「障害者権利条約」の審査が行われました。委員会より日本政府に対する課題が提言され、その中に障害者総合支援法の中で提供される支援サービスについての懸念事項が示されました。
障害者が保護された作業場や雇用関連の福祉サービスに隔離され、低賃金で、開かれた労働市場への移行機会が制限されていること(一部抜粋)」「グループホームなどの特定の施設に入所している者など、障害者が居住地や場所、一緒に住む人を選択する機会が制限されていること(一部抜粋)」
私たちがこれまで行ってきた支援は間違っていたのでしょうか?今のサービスは障害者の社会参加とインクルージョンのためのプロセスなのでしょうか?
この研修会では福祉の意味をもう一度考え、自分達の活動にどうゆう意味があったのか、これから何を目指すべきかを問い直す機会にしていきます。